趣味程度に弾けるように

習い始めの保護者の方が

「音符を読めるようにしてください」

「保母さんの資格を取るときに困らない程度」

「音楽好きになってほしい」

などのご要望には「はい」と笑顔で返事ができます。

 

でも「趣味程度に弾けるように」というのには、「ええっとぉお~」と曖昧な笑い顔になってしまいます。

本人が楽しむピアノとそれを聞く人の間にはズレがある

 

極端にいえば、1曲の弾く間に何十回もつっかえて弾き直しても

伴奏がうるさく鳴っていても、本人は楽しいと感じていることは実際にあります。

「趣味程度」とは他人が聞いて「ピアノが弾けていいねぇ~」といわれるレベルだと思います。

 

ピアノのレッスンはズレを縮めるため

他人だけではなく、自分が納得いく演奏に近付けるために

できるだけ効率よい練習の仕方、テキストの選び方、

忍耐強く練習を重ねる意欲付け、などを日々指導していきます。

 

小学校卒業と同時にレッスンを辞める子供が多いので、期限もあります。

でも、音楽の基礎を身につけてもらい

「ピアノっていいな」「音楽が好き」という気持ちが残れば、

いつでも継続できる環境はたくさん用意されています。

 

基礎、基本を身につけ「好き」でいることが一生の趣味になると思っています。

よくある質問

2018.1.13

コメント一覧

コメントはこちらからどうぞ


TOP