足台は大切です。手作りもできます。

足の接地は重要

子供がテーブル上にある粘度を掴んだり叩く際

・椅子に座って足を宙に浮かせたまま(接地せずに)行う

・足を床につけて行う

どちらが楽に上手にできるのは明らかです。

放っておけば、椅子から降りるか、粘度を床に置くでしょう。

 

ピアノを弾く時(見えないけれど)「お尻の体重移動」もあります。

足台(補助台)を使って接地させるのは大切です。

 

 

 

 

 

 

足台(補助台)は手作りできます

簡単な足台例

・横30cm~40cm 奥行き30cm 程度の板2枚を用意し

(裏に滑り止めを張っておくと便利です)

・必要な高さの発砲スチロールを間に挟んで(両端だけで可)全体を紐で縛るとできます。

身長が伸びたら発泡スチロールの高さを変えるだけです。

蹴飛ばしても大丈夫なように少し重さが必要です。

 

せっかく習うのですから、ぜひ足台のご用意を

 

 

 

 

 

 

雑記

2018.1.15

コメント一覧

コメントはこちらからどうぞ


TOP